葬儀のお知らせ

 室長の訃報をお知らせしてから訪問者数が700ほど増えています。ありがとうございました。昨日、下記のように葬儀を行うと確認しましたのでお知らせします。

 葬儀は内容を「板倉聖宣さんにお別れする会」として、その長を室長の旧友・山崎敏光さんにお願いしました。
 山崎さんと室長は共に東京の下町に生まれ、研究を支えた発想の根拠を「下町主義」とした間柄。また、室長が学生時代に組織した「自然弁証法研究会」の会員で、日本学士院の会員でもある方です。
 喪主は奥様の板倉玲子さんです。
           記
日時:2018年2月
   14日(水)18時〜19時 前日葬(通夜)
   15日(木)11時〜12時 告別式(本葬・火葬)
場所:府中の森 市民聖苑 第3式場
   東京都府中市浅間町1-3(駐車場70台)
   京王線「東府中」駅から徒歩15分ほど
   会場地図←外部リンク

無宗教形式で行います。
 「主催者として宗教的な儀式・主張はしない」ということで、参加者の宗教的な信条を規制するものではありません。ただ、通常の葬式とはかなり違っているかもしれませんし、司会も素人が行う予定です。ご了承願います。
香典は一切辞退いたします。
供花してくださる方は、下記の葬儀社にお問い合わせください。
 (株)セレモア ☎0120-470-470
告別後、同じ敷地内の施設で火葬します。
 お時間に余裕がある方は骨上げまで参加してください。会場の「府中の森」は、室長が好んで散歩していた広い公園です。散策もできます。
葬儀のネット中継は検討中。
その他、下記の「Comment:」をクリックして投稿してくだされば、可能なことであれば対処します。

 2月11日 追記
山崎敏光さんとは家族ぐるみの交友だったそうで、それ故の委員長依頼でもあります。
板倉・山崎敏光掲示や副葬品について問合せがありました。斎場には閲覧物を置いたり掲示する場所がほとんどありません。棺の中に入れる副葬品にも制限がありますので、ご遠慮させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お尋ねします。わくわく科学教室があったので、生徒さんや親御さんにメッセージを書いてもらいました。当日,まとめてもっていこうと思います。どういう形にまとめたらいいですか。B5の資料のようにするか、大きめの紙に貼る形がいいでしょうか

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

板倉先生

先月板倉先生を見舞って、玲子さんといろいろお話しもできましたが、いつもさすらせていただいてきた手がまたさらに細く感じられて気になり、2月のこの時期にまた訪ねることにしました。板倉先生の最後の時に少しの日数、間に合う事が出来てなく心残りです。
沖縄で板倉先生の創り出したものを広めて行きたいという想いを強くしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

板倉先生ありがとうございました。

仮説実験授業を知り、仮説教師として30年やってこれて、とても幸せな教員生活を送って来たと思います。板倉先生と同時代に過ごせてとってもラッキーな自分だと思ってます。
仮説実験授業を、その思いもあと少しの教員生活と自分の残りの人生で後世に伝えたいと思います。
板倉先生ありがとうございました。
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

板倉研究室
〠182-0024
調布市布田4-5-5
ラフィーネ調布2-101
☎042-444-0586
地図 こちらの記事

 左の青い文字にはリンクを付けています。
 感想・問合せは,記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」にどうぞ。

 2月15日追記
 室長こと板倉聖宣さんは2018年2月7日に逝去されました。

最新記事
来訪者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR