最近の室長

 板倉室長は今,何度目かの入院中なんですよ。
 7月10日の参議院選挙に行った後に脳梗塞の症状が現れ,救急搬送。比較的大きな血栓だったそうですが,処置が早かったので半身のマヒで済みました。まだ口や舌がマヒしてるので食事はできず(鼻からのチューブで流動食),言葉を発しても何を言ってるのかよくわかりません。
 ですが,古本を持っていた人が読んであげると,聞き耳を立てたり,図を眺めたりといつもの室長に戻っています。見たり,聞いたり,認識したりはちゃんとできるのです。
7月30日の面会写真02460
*黄色いエプロンをして車イスに乗っているのは,仮実研の住本健次さん(室長との共著『差別と迷信』の共著者)。偶然にも同じ病院に入院中。
 〈五感を働かせる動き〉や〈筋肉を動かそうとする気持ち〉が脳のリハビリに良いそうで,ご家族の方に「ぜひぜひ面会に来て刺激して欲しい」とお願いされたのでお知らせすることにしました。入院先の病院名などをお知りになりたい方はcomment欄をご利用ください。
*下記の「comment」の文字をクリックすると「コメントの投稿」欄が出てきます。そこにメールアドレス等を入力していただき,末尾の「非公開コメント」欄にチェックを入れて送信してください。折り返しご返事します。
重弘さんと本と先生
 また,仮説の伊香保大会では『(仮説実験授業50年のあゆみ①)仮説実験授業の提唱』の出版披露がありました。いつもなら出版パーティを行うのですが,今回はなし。そこでこの日,「先生,一緒に写真を撮りましょう」と言うと,顔をこちらに向けて,カメラ目線で見てくれました。……その行為がうれしかったです。(写真は筆者の重弘と)
*『仮説実験授業の提唱』は1961〜65年の仮説実験授業の提唱までの日本の科学教育史を扱った労作。5300円+送料でお分けしています。全528ぺ,厚さ2.5cm!
 なお,今月中にもリハビリ病院に転院するかも。その際にはこのブログに紹介しますので,チェックしてね。
 また,8月の仮説会館の予定表は7月の予定の下部にあります(8/12・26の本棚&蔵書研究会は中止です)。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本4日午後3時頃からお見舞いに伺います

上の記事を拝見したので、お見舞いに脳にいいニンニク オリーブ油(自作) と左手を利用の塗り絵セツトをお持ちする予定です。八木江里

Re: 本4日午後3時頃からお見舞いに伺います

八木江里様
 以前,重弘といっしょに会合におじゃました平野と申します。
 メールをありがとうございます。

 今日,ボクも板倉先生の病院に面会にいきます。
 群馬の仮説実験授業の会員と調布の研究室で4時頃に待ち合わせて,それから病院に向かうので,お会いできるかどうか微妙ですが,どうぞ板倉先生を励ましてあげてくださいませ。よろしくお願いいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

板倉研究室
〠182-0024
調布市布田4-5-5
ラフィーネ調布2-101
☎042-444-0586
地図 こちらの記事

 左の青い文字にはリンクを付けています。
 感想・問合せは,記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」にどうぞ。

 2月15日追記
 室長こと板倉聖宣さんは2018年2月7日に逝去されました。

最新記事
来訪者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR