年末のドタバタ!?

 machiyaはちょっと体調を崩し,10日間ほど病院に入院してました。その間,仮実研の事務局長・犬塚清和さんが初めて会館に来てくれました(12/10)。
犬塚来訪
 ところが,ボクが退院したら,今度は室長が入院(12/21)。
板倉再入院
 心肺機能が低下している中で持病の喘息の症状が出たため,今回は循環器科にかかりました。来週には退院し,年末年始はご自宅で養生されるそうです。
 そんな室長不在の中,長野の加藤浩幸さん,大阪の林秀一さんが会館に来てくれました(12/25)。
12:25来訪者

 さて,仮説会館の2015年は一応終了し,1月は12日以降から通常(㊊㊋㊍㊎の11〜16時)に在館します。
 1月17日(日)は住本健次さんの歴史連続講座「①近世江戸時代の虚像と実像」があります(12時半~16時,2000円)。
 申込先:小林光子 itakurakenkyusitu★gmail.com(左記★を@に置き換えてください)

今日の室長

 ホワイトボード設置のために会館に行きました。
 すると,旧友の岩城正夫さんから封書が。
 『たのしい授業』で室長の入院を知り,お見舞いに自作の「鳴子こけし風木像」を送ってくれたのです。
 鳴子のこけしと同じように,首を回すとキュッキュッと音がします。着色しないで,手彫りの風合いを残したのが特徴だそうです。
お見舞いの品
 「このコケシ,岩城さんに似ているわよねぇ」という奥様の声を聞かぬフリして,照れくさそうに新聞を読んでました。

仮説会館,いよいよオープンです

 12月6日,引っ越しを手伝ってくれた方や近隣の仮実研会員などをお招きして,内覧会&運営企画会議をやりました。
12月6日の会議
 会館にはイスが22脚+板研の事務イス2脚しかないのですが,ぴったり24名の参加。期せずして満杯の実験ができ,「思っていたより広くて使いやすい」と好評でした。そしてその後は……
12月6日のお祝い
お祝いです。
 初代の仮説会館(水道橋)や二代目の会館(高田馬場)でもお祝いをよくやりました。ここ調布でもたくさんやりたいです。
 この日,いろんな講座や会合の話が出ました。その日程や会館の使用については,近いうちに紹介します(『たのしい授業』や仮実研ニュースにも掲載予定)。
 最後に残ってた人たちで記念写真をパチリ。
12月6日の集合写真
 みんないい笑顔です。


電話開通

 電話が開通しました。
042ー444ー0586 ファックス兼用です。
 さっそく名刺を作りました。
 新しい名刺
 ループタイも名刺も水分子の室長です。
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

 板倉研究室は
〠182-0024
調布市布田4丁目5-5
ラフィーネ調布2番街
101号室に移転しました。
電話 042-444-0586
場所や地図は10/2911/1の記事をご覧ください。

 左の青い文字にはリンクを付けています。
 感想・問合せは,記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」にどうぞ。

最新記事
来訪者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR