スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板研の由来+引っ越し準備

 国立教育研究所に勤務してた時から室長は,「はい,板倉研究室です」と電話に出ていました。「ぼくは教育に関するあらゆることを対象にするから,板倉の研究室なんだ」と言って,部屋ごとに付けられた名称は使いませんでした。
 ある時,どうして退職後も板倉研究室を使っているのか,聞いたことがあります。すると,「女の人は近くにいくらでも美容室あるのに,わざわざ遠くの美容室に通ったりする。お目当ての美容師が別のところに移ると,そっちに行ったりね。研究室ってのは堅苦しいイメージだけど,美容室と同じように親しめる所にしたいと思った」というのです。調布の新しい板研は仮説会館と同居するので,室長のイメージに近くなりますね。
 さて,高田馬場の板研は引っ越し準備まっ最中。
高田馬場の板研
 本の箱詰めがどんどん進んでいます。
スポンサーサイト

新しい板研

 移転先が決まりました。
 京王線調布駅の東口出口から徒歩1分の場所です。
〠182-0024 調布市布田4丁目5-5
      ラフィーネ調布2番街101号室
電話はまだ未定。
地図はこちら(←ここをクリック)。

 広さは13坪ほどで,仮説会館と併設し,科学研究やたのしい授業のことを語り合える場所として活用していきます。
 近々に内見会(披露と掃除の会)を行い,11月5日に高田馬場から引っ越します。
 開館披露はもう少し後になります。お楽しみに。

仮説社の新社屋

 板研の階下にあった,室長の本を多く出版する仮説社の新社屋に行ってきました。
 連休前にここ(豊島区巣鴨1-14-5 第一松岡ビル3階,電話03-6902-2121)に引っ越し,今日10月13日が最初の営業日。
 まず驚いたのは,エレベータの扉が開くと,目の前に仮説社の売り場があったこと。それにキレイな陳列棚。なんだか別会社みたい。
仮説社1
 社屋側から撮影すると,こんな感じ。
仮説社3
 まだ段ボールが山積みされてます。
 また,売り場の隣りには社員の皆さんの仕事場があります。
仮説社2
 社屋の引っ越しは終わっても〆切りは引っ越せないので,社員の皆さんは机を片付けて業務再開したのでした。

 この新社屋は,JR山手線・都営三田線「巣鴨」駅(南口)から徒歩2分の場所で,10月23~25日に「仮説社フェア」を行うそうです。室長の本を求めにお出かけください。

発想法の会,中止

 10月17日に予定していました板倉式発想法の会は,講師の体調不良のため中止いたします。
 取り急ぎ,お知らせまで。

移転先情報(2)

 昨日,ピックアップした移転先候補地を室長とまわり,調布駅東口から徒歩1分の物件を第一候補にしました。
 まだ契約してないので詳細は控えますが,マンションの1階の角部屋で,約43平米。ミニキッチンの他に風呂もあります。
 本棚や製本機などの配置を考えたり,引っ越しの見積もりをするなど,やることが山積。17日の板倉式発想法の会で多少なりともお知らせできるよう準備を進めています。

移転先情報(1)

 事務・井上,S弘,今年九州から東京・三鷹に移住したS本さんらと実踏見聞をはじめました。
 確定情報ではないので,クイズにしました。
 周期表の原子記号を当てはめて考えてください。
 新宿駅から「カリウム酸素」電車(○○帝都電鉄)に乗って15分くらいの所に「一酸化炭素フッ化ウラン」駅があります。
 各駅〜特急まで全てが停車する駅で,昔の税金=租庸調の「調」を「布」で納めていたことから地名となり,駅名にもなったそうです。
 室長の自宅はその駅から「ホウ素ウラン硫黄」に乗って10〜15分くらいの場所なので,その駅周辺の物件を探しています。

研究室の今後+発想法の会

 室長の研究発表の場として活用されたり,仮説実験授業の交流の場として活用されてきた仮説会館は,この10月に高田馬場での業務を終了(閉館)します。また,板倉研究室も近々,室長の通いやすい場所に移転の予定です(ただ今,物件を検討中)。
 そこで,今後の新しい環境・時代に向けての展望などを語る会=板倉式発想法の会を開催することにしました
 会場は高田馬場の仮説会館で,隣接同居していた仮説社(10月9日に巣鴨に移転)のスペースも使って行います
 日時:10月17日(土)12時30分受付~4時頃。講師:板倉聖宣。参加費:5000円。定員50名(または10月15日〆切り)
 なお,会場には50名分の机とイスがありません。早い者順やイス取りゲームにならないよう考えますが,それなりの覚悟と服装でお出かけください
 申込先:小林光子
itakurakenkyusitu★gmail.com
(上記★を@に置き換えてください)
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

 板倉研究室は
〠182-0024
調布市布田4丁目5-5
ラフィーネ調布2番街
101号室に移転しました。
電話 042-444-0586
場所や地図は10/2911/1の記事をご覧ください。

 左の青い文字にはリンクを付けています。
 感想・問合せは,記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」にどうぞ。

最新記事
来訪者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。