スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小峰書店「いたずら博士の科学だいすき」

 室長=板倉聖宣監修/共著の「いたずら博士の科学だいすき」シリーズの1(5巻)が小峰書店から出ます。
 各巻ほぼA4判の47ページの絵本で,予価2940円(本体2800円+税)/冊です。
いたずら博士の科学だいすきy460


1.板倉聖宣・福嶋明雄著
『よじのぼる水──水の分子・赤パンツくんのぼうけん』
2.板倉聖宣・井藤伸比古著
『電気のとおり道──回路とスイッチ』
3.板倉聖宣・湯澤光男著
『吹き矢で科学──ものを動かす力』
4.板倉聖宣・重弘忠晴著
『いろいろな月──わたしの月,ガリレオの月』
5.板倉聖宣・阿部徳昭著
『あかりと油──油をもやす』
*詳細は小峰書店のHPをご覧ください。

 室員(machiya)もこの中の一冊に,少しお手伝いしました。
 どの巻も「小学生3・4年生から」となっていますが,中学高校〜大人・研究者が読んでも楽しい科学絵本になっています。
 室長と共著した方たちの「オススメの言葉」をこのブログに掲載していく予定です。ご期待ください。
スポンサーサイト

月刊誌『たのしい授業』2013年4月号

 室長は『たのしい授業』No.405(仮説社)に「同時代の教育力──一輪車から〈原子分子〉の教育まで」を書いています。
 その記事の文末に「明治初めの小学生たちは,地球のことを知って,新しい時代の夢見ました。今は原子・分子の時代です。たいていの大人は原子や分子という言葉を知っていても,その中身はほとんど知りません。文部科学省をはじめとする学校教育関係者も〈原子分子〉と聞くと,〈分かりっこない〉といじけて〈そんなことなど,とても教えることなどできるはずがない〉と思い込んでいます。だから〈理科離れ〉の状況を根本的に打開する展望が開けないのです。みなさんも,そう思いませんか」とあります。
 このブログが「そういう状況を打開する手助けになれば」と思っています。
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

 板倉研究室は
〠182-0024
調布市布田4丁目5-5
ラフィーネ調布2番街
101号室に移転しました。
電話 042-444-0586
場所や地図は10/2911/1の記事をご覧ください。

 左の青い文字にはリンクを付けています。
 感想・問合せは,記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」にどうぞ。

最新記事
来訪者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。