FC2ブログ

延期のお知らせ

 5月9日の板倉生誕90年記念研究会,別称「板倉生誕祭」は延期することにします。
 会場に予定していた調布市文化会館たづくりは,新型コロナウィルスの感染の拡大を防ぐため,「4月12日(日)まで利用を停止」(3月27日発表)となっています。そこで調布市に5月の見通しを尋ねるも「未定」,市主催の会では4月12日ではなく,30日まで中止(もしくは延期)とのことでした。
 しばらく様子を見ることも考えましたが,発表者の準備もあるし,遠来から来ていただく方々は予約した交通・宿泊先のこともありますので,早めに判断させていただきました。ご理解下さいますようお願いいたします。
 延期の期間は「新型コロナウイルスの影響が落ち着くまで」となりますが,今現在,それがいつになるのかはわかりません。世の中の様子をうかがい,半年後,1年後……というスパンで再度開催を考えたいと思います。
 その際にはこのブログや月刊誌『たのしい授業』などでも紹介したいと思っています。よろしくお願いいたします。
*「開催することが決まったならメールが欲しい」という方は,①氏名,②連絡先☎,③〠住所/メルアドを下記のComment欄に書き込んでください。

集まらない集会のご案内

 3月30日〜31日に予定していた「東日本たのしい授業フェスティバル」は,インターネット上に設けた,集まらない集会「東日本たのしい授業Webフェスティバル」として開催するそうです。
場所:http://kitakasetu.web.fc2.com/
期間:3月25日(水)~4月5日(日)
参加費:無料
内容:新学期から役立つ情報や資料公開など

 また,その一環としてインターネット会議アプリ「Zoom」を使ったネット講座「たのフェスZoom Live」も開催されます。
場所:https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomlive
期間:3月27日(金)〜29日(日)
参加費:無料
*PC・スマホ用のアプリ「Zoom」のインストール(無料版)が必要です。

 Zoom画面
 5月9日開催予定の「板倉聖宣生誕90年記念研究会」もこれに倣って,内容の一部をネット配信することを検討中です。詳細後送。

板倉聖宣生誕90年記念研究会

 2年前の今日は室長の葬儀が行われた日です。仏教では三回忌という法要が行われる年だそうですが,原子論者の室長にはふさわしくありません。そこで,室長の生誕90年にあたる2020年5月に「板倉聖宣・人とその仕事Ⅱ」という研究会を開催することにしました。
 主な内容は室長が亡くなって以降に行われた研究や活動の報告会で,海外に仮説実験授業を紹介した報告や,室長が1990年頃にはじめた「17世紀の物理学(Natural Philosophy)の啓蒙書の研究」のその後,室長の生涯を記録・考察した本の出版のこと,湯之谷の蔵書リストや執筆リストの報告などです。
 その他,国研で秘書をされていた片岡みどりさんや,国土社と仮説社とで長く室長と一緒に仕事をされてきた竹内三郎の話,参加者の室長と出会った頃の話などを予定しています。
              要 項
主催:板倉聖宣生誕90年記念研究会実行委員会
日時:5月9日(土),10時〜15時半(途中の昼食時間にもイベント計画中)
場所:調布市文化会館たづくり(12階)大会議場
   〠182-0026東京都調布市小島町2-33-1 ☎042-441-6111(代表)
   京王線調布駅(新宿駅から特急で15分),中央口から徒歩4分
定員:100名
参加費:4月10日までに申し込みの方は4000円(予約なし参加は5000円)。
 参加者全員に重弘編著『板倉聖宣とその時代』の2巻目(新刊)を1冊ずつプレゼント。
申込み:①氏名,②連絡先☎,③〠住所/メルアドを下記のComment欄に書き込んでください。
              お願い
*会場内での飲食は可能です(ゴミは各自で持ち帰り)。会場周辺は駅前繁華街なので飲食店はたくさんありますが,注文品が出てくるまで時間がかかります。昼食を持参した方が無難です。
*たのしい研究会にしたいし,談話時間を設け〈教えられたこと,しかられたこと,一緒に研究したこと〉などについても語り合いたいと思っています。知人・友人とお誘い合わせて参加してくださればうれしく思います。
プロフィール

 machiya

Author: machiya
 私立板倉研究室の室員(自称)です。

板倉研究室
 室長の板倉聖宣さんは2018年2月7日に逝去されました。
 現在はご自宅の書斎を板倉研究室として,書庫や書架整理などの活動を行っています。
 詳細は記事下の日付の後ろにあるCommentをクリックした先の「コメントの投稿」から問い合わせてください。

 なお,左の青い文字にはリンクを付けています。

最新記事
来訪者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR